明邦エンジニアリング株式会社
HOME 製品とサービス 会社概要 明邦グループと沿革 リンク お問い合わせ
明邦グループと沿革
沿革
メイホウグループは1952年(昭和27年)、創業者・故村井徳三により機械工具輸入専門商社としてスタートいたしました。終戦後、日本が欧米先進国に大きく後れを取っていた時代に率先して欧米の先進技術を導入し、日本の技術基盤を築く一助になればと米国より電動工具やエア工具を、欧州より最新木工機械、ブラインドリベット等を初めて日本に紹介したのがメイホウの始まりです。これらの技術は今日よく知られており、今や日本製の機械・工具が世界に普及しています。

このような時代の変遷を経て1980年代初頭よりメイホウグループは輸入商社から製造及びエンジニアリング事業に進出いたしました。現在、国内外に4ヶ所の直営製造拠点をもち、多くの協力企業のご支援を受けながら、各種ファスニング工具、ファスナー製品、ゴム製品を自社技術により生産販売しております。メイホウ製品は多くのユーザー様の高い評価をえて、それぞれの分野でトップシェアーをしめている製品が少なくありません。

21世紀に入りさらなる発展を期し、環境にやさしい‘ものづくり’を目指してまいります。
明邦グループ
明邦エンジニアリング株式会社
(MEIHO ENGINEERING, LIMITED)

株式会社メイホウテック
(MEIHOTECH, Inc.)

アクトロン・インターナショナル株式会社(インドネシア)
(PT.ACTRON INTERNASIONAL)
Copyright (C) 2007 MEIHO ENGINEERING, LIMITED. All Rights Reserved.